庭の掃除(除草対策・草刈り編)

草刈
目次

お庭のお手入れ(除草方法)

お庭の雑草対策をお考えのあなた、「どうやったら庭の雑草をきれいに出来るかな」とお困りではありませんか?

雑草対策には様々な種類があります。
芝生、砂利、防草シート、コンクリートなどなど・・

そこで今回は、除草企画第一弾・草刈りについて紹介していきます。

草刈りを行う上での3つの注意点草刈りの方法

お庭の草刈り方法は、基本的には草を除草するだけですが、実は注意も必要です。特に下記3点に注意しましょう。

3つの注意点
  • 蜂や蚊などの虫刺され
  • 熱中症や脱水症状など
  • 草によるアレルギー

蜂や蚊などの虫刺され

草むしりを実際にしている際に起きる危険の一つは、蜂や蚊などの虫刺されの被害に遭う可能性があることです。雑草が伸び放題になっている草むらには虫が多く潜んでいるので、草むしりをする際には刺されてしまうこともあります。虫の中でもアシナガバチは毒を持つため、刺されると激痛が走り、呼吸困難になることもあるので、虫に刺されないように虫除けスプレーや虫刺されの薬などの道具を用意して、作業に取り掛かりましょう。

虫除けスプレーなどを利用する
虫が寄ってくるのを防ぐため、虫除けスプレーや虫除けシートなど、忌避剤(きひざい)を使った製品を活用するのも有効です。ただし、忌避剤によっては使用できる年齢や部位に制限が設定されている場合もあります。使用上の注意点をよく確認したうえで用いることが大切です。

害虫や臭害などの環境被害

身体への被害の他に、害虫や臭害による環境被害もあります。雑草は虫にとっては餌場であり、身を隠すことができる絶好のスペースでもあります。自宅の庭にダニが繁殖し、家に侵入して、普段の生活にも悪影響を与えることもあるため、草むしりを定期的に行うようにしましょう。ドクダミやキマケンなど、雑草自体からも臭いを発生させるものあるので、臭いに悩ませられるリスクも予想されます。

自分で草むしりをする場合の注意点草むしりの方法

草むしりをする際に、難しい技術はいりません。必要なのは上記に記した通り、万全な対策をした上で作業をすることです。女性でも安心して作業ができます。

その他3つの注意点
  • 肌の露出を少なくする
  • 虫を駆除する
  • 虫に近寄らない

万全な対策
服装は長袖長ズボン
熱中症対策は万全に
水分はこまめに摂る事

虫に刺された場合の対処方法草むしりの方法

虫刺されと一口にいっても、軽度のものからすぐに病院を受診しなければならないものまでさまざまなケースが考えられます。状況に合わせて適切に対処しましょう。

基本的な対処法

虫に刺されたら、とにかく触れたり掻いたりしないことが重要です。まずは、刺された場所を水で洗い流すなどして清潔を保ちましょう。かゆみが強い場合は、刺された箇所を冷やすとかゆみが和らぎます。また、かゆみ止めや抗炎症成分が入っている市販薬を上手に活用するのもよいでしょう。

毛虫などに触れて有毒毛が皮膚に残っている場合は、セロハンテープやガムテープなどの粘着テープで周辺をそっと押さえて取り除き、強い流水で洗い流します。ハチの毒針が残っている場合は、毛抜きを使うか指で弾き飛ばすなどして除去してください。氷水などで患部を冷やし、手で触れないようにしましょう。

STEP
蚊の場合

最も身近な虫刺されが、この蚊によるものです。蚊に刺されると、直後から急激なかゆみを感じ、赤く盛り上がりのある発疹(膨疹)が出ます。症状の多くは数時間程度で、痕を残さず自然に治ります。ただし、症状の程度には個人差があり、水ぶくれができたり、症状が数日続いたりすることもあります。

STEP
ハチの場合

ハチに刺されると、ハチ毒の刺激作用によって、直後から激しい痛みと赤い腫れが出ます。初めて刺された時は、それほどひどい症状にはいたりませんが、何度か刺されてハチの毒にアレルギー反応ができてしまうと、症状が強く出たり、稀にアナフィラキシーショックを起こしたりすることもあり、危険です。ハチに刺された後、気分が悪くなった時は、ただちに受診が必要です。

草むしりにあると便利な道具紹介草むしりの方法

ここでは草むしりの種類に合わせた100均の道具や使いやすい道具を紹介していきます。

道具価格推奨理由
軍手、ゴム手袋100円言わずもがな、それは軍手または、ゴム手袋です。
移植ベラ100円固い土や狭い隙間に入っていきやすいので必須です。
熊手100円抜きとった雑草を寄せ集めることもできる
100円草を刈る・根本を掘るの一石二鳥アイテム

これらの道具が100均で揃ってしまうって世の中も便利になりましたね。

だけど、作業労力は100均では賄えません。。以上の対策をふまえた上で、怪我と熱中症に気を付けて草むしりを行って下さい。

まとめ

草むしりを行うことにより、敷地の見栄えが良くなりますが、危険がありなかなか草むしりを行うことができないこともあるでしょう。

しかし、今回ご紹介したことを注意するだけでより安全に草むしりを進めることができるので、ぜひお試しください。

御用聞きでは面倒な草むしりを代行して行わせていただきます。草むしりをするのが少し怖いなと思う方はお気軽にお申し付けください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次