終活におけるエンディングノートとは?

エンディングノートとは、終活をする中でこれまでの人生を振り返り、自分の考えや家族への想いをまとめて残しておくことを目的に作成する事を指します。要するに自分の身に何かがあった時に備えて、家族が様々な判断や手続きを進める際に必要となる情報を残すためのノートです。エンディングノートの作成は、終活の中でも一番重要な役割を担っています。エンディングノートには遺言書のように決まった形式はなく、遺された方に対して自身の意志を伝えるために作成する目的があります。

エンディングノートには法的な効力はありませんので、相続に関する内容を書いても効力は発生しませんくことはできませんが、自身がどのようなお葬式を望んでいるか、また延命治療を希望するかなど、自身で意思の疎通ができなくなった時でも役に立ちます。

目次

エンディングノートと遺言書の違い

エンディングノート=遺言書と思っている方もいるかも知れませんので、違いについて簡単にまとめてみました。

エンディングノート遺言書
法的効力なしあり
形式・様式なしあり
※規定の要件を満たさないと無効になる
費用数百円〜
自筆証書遺言:数百円〜
公正証書遺言:数万円〜
記載内容自由主に財産分与

特別なノートが必要?

エンディングノートといっても決ったノートや形式があるわけではありませんので、一般のノートに書き記すこともできます。また、文房具店でもさまざまなエンディングノートを販売していますし、パソコンのエクセルやワードで作成しても問題ありませんので、自分に合っノートを作ってください。

エンディングノートを購入したら、次は内容を記入します。記入する内容は多岐に渡るため、最初から全て埋める必要はありません。自身の書きたい内容や、現在決まっている思いなどを優先して書き進めていきましょう。

遺言書は規定の要件を満たさないと無効になる

遺言書は自分の死後における財産分与について記載されるのが一般的で、民法で定められている規定の要件に従って作成する必要があります。財産分与に関する法的効力を持つ一方で、規定の要件を満たしていないとその遺言書は無効となってしまうことから気軽に作成できるものではありません。

遺言書の有無

遺言書の有無についても記載しておくと、自分の死後に行われる財産分与の際に混乱を避けられるかもしれません。

遺言書の有無について記載すべき項目

  • 遺言書の有無
  • 遺言書の種類(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言)
  • 遺言書の保管場所

遺言書を作成している場合は、保管場所についてもまとめておくと探す手間が省けて手続きを行うまでの時間の節約になります

なお、エンディングノートには法的効力がないので、財産分与の割合や相続人を指定したい場合は遺言書を作成しておくようにしましょう。

エンディングノートの記載内容

  • 自身の情報(氏名、生年月日、本籍地など)
  • 所有している資産状況(金融機関名、口座の種類、口座番号、不動産やその他の資産など)
  • 加入している保険の内容および保険証券の保管場所
  • 年金関係書類の保管場所
  • 医療や介護に関する意向(入院したい病院や施設、延命治療の希望、臓器提供の意思、医療費や介護費用の支払い方法、介護状態になった際に介護してもらいたい方の名前など)
  • 葬儀の方法
  • 自身に万が一のことがあった際に連絡して欲しい方の連絡先
ペットがいる場合

自身がいなくなったあとペットを誰に託すかなど、自身の置かれている状況に即した内容を記入するようにしましょう。

デジタル遺品について

エンディングノートに記入する際に気を付けたいのは、ネット銀行やネット証券、ネットスーパーやショッピングサイトなど、ログインIDパスワードなどが必要ないわゆるデジタル遺品です。

スマートフォンに入れているアプリなどでもIDやパスワードを設定しているものがあると思いますが、IDやパスワードが分からないゆえに解約などの手続きが取れないといった事態や、通帳などがないため、家族も口座があることすら知らなかったなどということがあります。

IDやパスワードについては一覧表で管理し、普段は誰にもみられないところに保管しておきましょう。そして、保管場所をエンディングノートに記載しておけば、後の手続きは遺された方が行えます。

ここまでのまとめ

エンディングノートは残された家族が様々な手続きをする際に必要な情報を残すために使われる事が一般的です。これまでの人生を振り返り、自分の考えや家族への想いをまとめて残しておくことで普段はなかなか言葉にできないような自分の素直な気持ちを家族に伝える手段としても有効なのです。それらは自分のこれまでの人生を振り返ることが出来るため、今後の人生設計を見直す良い機会にもなり得ます。エンディングノートの作成は終活を目的とする以外にも様々なメリットがあります。

また、あらかじめ必要な情報をエンディングノートにまとめておけば、遺された家族はその情報をもとにすれば済むので諸々の手続きを簡略化できます。情報は常に変化していきますので、年に1度は見直しを行い、最新の状態にしておきましょう。作成したエンディングノートは、自身が分かるところに保管しておき、家族の身近な方だけに場所を教えておくことをおすすめします。

家族の負担を軽くするための終活

終活を行う理由として多いのは「家族に迷惑をかけたくないから」という理由です。
そのためにも身辺整理や自分が亡くなった際のさまざまな準備に取り組んでおく必要があります。

生前整理を行う

断捨離は、物を整理して不用品を処分する方法のことで、上手く活用することで終活をスムーズに進めることができます。

断捨離を活用するメリット

終活のひとつとして断捨離を捉えたとき、最も大きなメリットは、生前整理ができることです。断捨離をして不要なものを捨てたり、物を減らしたり、必要な物や重要な物の在処を明確にしておくことで、自分が亡くなった後に残された家族や親族が遺品整理や財産分与・相続をしやすくできます。

断捨離・具体的には何からやるべき?

まずは、使っていないものを処分するところから始めてください。身のまわりにあるものを、要らないものと残すものに分けていきます。食器・家電・衣類・家具など、要らないものや使っていないものは思いきって処分しましょう。ものへの執着をなくすためには、思いきりが大切です。

2年間使っていないモノは使う可能性が低い

2年経って使わなかったものは処分するなど期限と決めて手放すように心がけましょう。2年間使用せずに放置されていると、劣化するものが多いため、2年間という区切りを自分の中で決めておくのは大事です。

あわせて読みたい
終活における断捨離とは? 近年話題の「終活」というワードは聞いた事のある方の方が多いのではないでしょうか?「終活」とは、「人生の終わりのための活動」の事です。 しかし「そろそろ終活を始...

要らなくなった不用品は回収業者に依頼して処分して貰う

不用品回収業者に回収や処分してもらう方法もあります。自宅まで引き取りにきてくれるので、運ぶのが大変な大型家具や家電がある方や、処分したいものの数が多い方にとっては便利です。まだ使えるものや状態の良いもの・新しいものは買い取ってくれることもあります。

まずは不用品回収業者に相談してみましょう!

不用品回収業者に依頼する方は規模や量が多いケースや、お時間が無い方、依頼者様が高齢で体力的に作業が難しいような場合が多いので上記のような準備が無くても依頼出来ます。

こんなお困りごとありませんか

  • ゴミが大量で自分では手に負えない
  • 急な引越しで早く処分したい
  • 忙しくて自分で分別できない
  • どの業者を選んだら良いか分からない

不用品回収の相場は?

一番気になるのが不用品回収の費用ではないでしょうか。不用品回収は頻繁に利用するサービスではないので相場がよく分からない人も多いはず。「知らずに依頼した業者が高額だった」ということがないように相場感を掴んでおきましょう。

不用品回収業者は一つの物から一部屋すべての不用品を処分してくれる業者もあります。
下記ではほんの一例ですが、1R・1Kあたりどれくらい掛かるのか、目安になればと思います。

料金目安|

1R・1K(一人暮らし)20,000円 (税込) ~作業員2名
 1DK(一人暮らし)30,000円 (税込) ~作業員2名
 1LDK(一人暮らし)50,000円 (税込) ~作業員2名
2LDK(家族)70,000円 (税込) ~作業員3名
3LDK120,000円 (税込) ~作業員5名
4LDK以上150,000円 (税込) ~作業員5名

正確な金額は現地でのお見積りとなります。部屋の広さだけでなく、家財の量や状況、買取品、処分品の分量などを加味してお見積りを計算します。

アイキョウの不用品回収

家電1台からタンスやソファー、食器棚、ダイニングテーブルや倉庫や物置にしまってあるものなどお任せ下さい。もちろん引越し・物件売却時の大量の不用品もお任せください!仕分けから搬出、処分まで全ての作業をスタッフのみで承ります。

また、価値のある不用品の買い取りも行っておりますので、買取料金と作業料金を相殺することで作業料金の削減も行えるなど、作業面・料金面ともに大量の不用品を処分する負担を減らせるような対応を行っています。

依頼の流れ

STEP
お問い合わせ(見積り依頼・日程調整)

まずはお電話もしくはメールフォームでご相談下さい。
※ご依頼の内容(間取りなど)をお伝え下さい。
お見積りの日程調整をします。

STEP
現地調査とお見積り

ご指定の日時にご自宅にお伺いさせていただき、家財の量や状況、買取品、処分品の分量などを見させていただき、お見積りを作成します。

STEP
契約・作業

お見積りにご納得いただけましたら、ご契約書を交わし、指定の日時に作業員が現地を訪れ、仕分け、梱包、搬出、清掃など定められた作業を行います。

STEP
代金のお支払い

作業完了後、作業内容を最終確認した上で所定の費用をお支払いいただきます。

作業当日の流れ

  1. 作業当日にも作業員全員で打ち合わせを行い、作業の流れや、各ポジションをしっかり確認します。
  2. 集合住宅の場合、エレベーターなど共用部分を傷つけないように保護
  3. 遺品の仕分け、処分品の分別作業(可燃・不燃/一般廃棄物・産業廃棄物等)
    ご依頼主様お立会いの下、目印をつけながら遺品の仕分け作業を進めます。
  4. 遺品の梱包と搬出作業
    (遺品とお宅を傷つけないよう配慮しながら搬出を行っております)
  5. 搬出終了後、現場を清掃
    (お部屋からの遺品の搬出が完了しましたら、清掃作業をいたします。)
  6. 作業終了後にご依頼主様に確認をしていただき、ご精算をお願いしております。
あわせて読みたい
苫小牧市での家事代行サービスは御用聞きのアイキョウ 【お客様の御要望に合わせて、日常的な家事代行から専門的な家事代行まで丁寧にサポートします】 御用聞きのアイキョウのサービスはご要望に合わせて 定期でご利用 OK ...

サービス地域service area

札幌市全域
苫小牧店
苫小牧市および近郊
一宮市および近郊

遺品整理サービスでよくあるご質問

遺品整理の見積りは無料ですか?

もちろんです。お見積り無料でお伺いしております。ご希望のお見積り日時をお伝えください。

不用品の量が少なくても回収してもらえますか?

1点のみのでも可能です。まずはお気軽にお問合せくださいませ。

問い合わせをしてからどのくらいで来てもらえますか??

対応する地域や、道路状況によって変わりますが、より正確な時間や日程の調整はお問い合わせいただいた後にご連絡いたしますのでお気軽にお問合せくださいませ。

作業終了後に返却等は可能ですか?

不用品回収などの作業の場合、一度運んでしまった物に関しては返却出来ません。

見積り後に追加費用などが発生しませんか?

基本的には追加費用の発生はありません。(ただし、お見積もり時との状況が明らかに違っている場合は、再度ご相談させて頂くこともあります。)

家電リサイクル法の対象になる物はなんですか?

家電リサイクル法の対象となる物は下記になります。エアコン(室外機含)、テレビ(ブラウン管)、薄型テレビ(液晶・プラズマ)、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機を市区役所で処分する場合、リサイクル料金(運搬料含む)として1,000円~7,884円の費用が掛かる場合がございます。

お問合せ後に見積りを見て決めてもいいでしょうか?

もちろん可能です。

電話だけで正確な見積もりは出せますか?

おおよその費用はお電話やメールでお伝えできますが、正確な金額につきましては、お伺いして家の状況を確認してからの算出となります。

御用聞きのアイキョウ|家事代行、...
苫小牧市のハウスクリーニングなら御用聞きのアイキョウへ お客様の御要望に合わせて、日常的な清掃から専門的なお清掃(ハウスクリーニング)まで丁寧に作業します

    必須お名前

    任意メールアドレス

    必須お電話番号

    任意ご住所

    必須お問い合わせ内容

    任意お写真など

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次